« 『きみの鳥はうたえる』佐藤泰志(河出文庫)読了 | メイン | 6月。保育園の内科健診が始まった »

2011年5月30日 (月)

『きみの鳥はうたえる』佐藤泰志(河出文庫)その2

■さて、『きみの鳥はうたえる』だ。

東京近郊、中央線沿線で、一橋大学がある街(国立市か?)の本屋に勤める主人公のぼくと、同じ書店で働く佐知子、そして、ぼくと共同生活を営む失業中の静雄の、仲好し男子2人と新たに加わった女子1人の3人組(全員が、アラン・シリトー『土曜日の夜と日曜の朝』の主人公と同じ、21歳だ。ぼくは読んだことないけど。)による「楽しくてやがて哀しき、ひと夏の出来事」という、いわゆる「青春もの」の鉄板設定だ。


この設定で一番有名なのは、フランス映画『冒険者たち』の、アラン・ドロン、リノ・バンチュラ、ジョアンナ・シムカスの3人組で、その日本版が『八月の濡れた砂』藤田敏八監督作品(日活)だ。村野武範、広瀬昌助、テレサ野田の3人と、湘南の海。主題歌は石川セリだった。これは名曲! 男3人+女1人だと『俺たちの旅』中村雅俊、田中健、秋野太作+金沢碧。男3人+女2人だと『ハチミツとクローバー』で、応用編としては、女2人+男1人の『わたしを離さないで』カズオ・イシグロがある。どの作品でも共通して、彼らは「夏の海」へ行く。


でも、デフォルトは、仲好し男2人と新たに加わった女1人の3人組だな。トリュフォーの『突然炎のごとく』がオリジナルなのか?


ポイントは、男子2人がまるでホモ・セクシュアルかと誤解してしまうくらいに密着していることだ。主人公と静雄は、冷凍倉庫のバイトで出会った。ある時、静雄が言った。


  「俺たち、贋物のエスキモーのようだ」と。

思わず僕は笑った。そのときに、僕はあいつが好きになった。
 その夏が終わったときに僕は、共同生活をしないか、とあいつに持ちかけた。静雄はふたつ返事で承知した。すぐに静雄は、今の僕らの部屋に引っ越してきたが、持ちものといったら、レコードが何枚かと蒲団だけだった。僕はあのときにはあきれてしまった。そのレコードは全部ビートルズのレコードで、それは静雄が失業してから、古レコード屋に二足三文で売り払ってしまった。(中略)

引っ越してきた日、静雄はレコードを僕に見せ、財産はこれだけだ、といい、アンプもプレーヤーも部屋にないのを知って、くやしそうに舌を鳴らしたものだった。僕らはあのとき焼酎で乾杯した。あいつはプレーヤーがありませんので僕が唄います、とふざけて、「アンド・ユア・バード・キャン・シング」を僕のために唄ってくれた。(p70)


静雄はこの時、どんなふうに「この曲」を唄ったのだろうか?

サザンの桑田さんが唄ったバージョンはこれだ。






YouTube: 桑田佳祐 Keisuke Kuwa弾き語り生歌 The Beatles - And Your Bird Can Sing


ぼくは「この曲」を聴いたことがなかったのだが、なんとまぁ、いい曲じゃん!

ジョン・レノンが作詞作曲した曲とのこと。なんとも不思議な歌詞だ。


You tell me that you've got everything you want
欲しいものは全部持ってるというのかい
And your bird can sing
それに 君の小鳥は美しい声で歌うって?
But you don't get me, you don't get me
でも 僕を手に入れる気はないんだね

You say you've seen seven wonders
世界の7不思議を見てきたというのかい
And your bird is green
それに 君の小鳥は緑色だって?
But you can't see me, you can't see me
でも 君には僕が見えないんだね

When your prized possessions
貴重な宝物の数々が
Start to weigh you down
重荷になってきた
Look in my direction
こっちを向いてごらん
I'll be round, I'll be round
僕はいつだってそばにいる

When your bird is broken
その小鳥が傷ついたら
Will it bring you down
君は悲しむのかな
You may be awoken
かえって目が覚めるかもしれないよ
I'll be round, I'll be round
僕はいつだってそばにいる

You tell me that you heard every sound there is
ありとあらゆる音を聞いたというのかい
And your bird can swing
それに 君の小鳥はスウィングするって?
But you can't hear me, you can't hear me
でも 君には僕の声が聞こえないんだね


■この歌を唄ったのは静雄だ。

ということは、You は僕で、Your Bird は、佐知子ということになるな。


『きみの鳥はうたえる』の解説で、井坂洋子氏はいう。
それにしても、「きみの鳥はうたえる」という作品は不思議だと。


ほんとにそうだ。ぼくも読んでいてそう思ったよ。


この主人公は変だ。


すっごく淋しがり屋で人恋しくて、常に親友におんぶに抱っこの関係を求めているのだけれど、でも、変に他人との距離を保つところがあって、親しいのに妙によそよそしかったりするのだ。


それは、佐知子との関係にも表れる。


この佐知子も、じつに不思議な女だ。いわゆる、ジョアンナ・シムカス的「ミューズ」なんだけれど、本人はさかんに否定しているが、どう見ても「尻軽女」なんだ。でも、バカじゃない。けっこう真面目だったりもする。トマトは包丁で切らずに丸ごとかじりつくのが好きで、林檎も丸ごとかじり、桃の皮を剥く姿がセクシュアルだったりする。それから、殴られた主人公が瞼に載せるのは、輪切りのレモンだ。なんか、妙に果物がいっぱいでてくる小説なのだ。


で、僕と静雄の蜜月関係に突然侵入してきた佐知子が言う。静雄は、芥川龍之介『蜘蛛の糸』のカンダタよ、と。さらに彼女は言う。静雄は子供でマザコンだと。


女は直感的に「その人の本質」を言い当てる。


でも、静雄といっしょに毎日暮らしてきた僕は、そんな静雄の一面に、全く気付くことがなかったのだ。


何故なら、密着しつつも、微妙な距離感を保ってきたので、結局は「本当の静雄の気持ち」をじつは全く理解していなかったのだな。佐知子のほうがよっぽど静雄を理解していた。そういう事実を、主人公は小説の最後に知ることになるのだった。


そのことは『草の響き』の主人公が、結局は暴走族のリーダー「ノッポ」のことを、あ・うんの呼吸で全て理解しているような気がしていたのに、じつは何にも分かっていなかった、という事実を最後に知ってショックを受けたことと、小説の構造的には同じだと思った。つまりは、歌のタイトルである「ユー・キャント・キャッチ・ミー」であり、「アンド・ユア・バード・キャン・シング」なのだ。

でも、この主人公が味わう「おいてきぼり感」に、いま読んでも不思議とリアリティがあるように思う。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/463039/26558004

『きみの鳥はうたえる』佐藤泰志(河出文庫)その2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Powered by Six Apart

最近のトラックバック